無料回収は要注意

無料回収業者は、主に電化製品や金属類の不用品を引き取り、個人事業として軽トラックでアナウンスしている業者が多いようです。無料回収業者は無料で集めた金属類を、さらに貿易会社などに売って利益を生み出しているのです。そのため、無料の対象となるのは、金属部分が多い家電製品で、金属の少ない椅子やソファ、ベッドなどは無料で買取りはしてもらえないところがほとんどです。

実は、軽トラック1台で無料回収をするのにも「古物商許可」「廃棄物収集運搬許可」「金属くず商許可」「道路使用許可」などの許可や証明書が必要です。ところが実際には、無許可業者が非常に多く、トラブルが多発しています。業者が1日に稼げる金額には限界があり、軽トラの最大積載量の350kgを回収したとしても経費を除けば、それどの稼ぎにはなりません。つまり、何かしらの料金が請求されてくる可能性が高いということです。トラブルのなかには、「新聞広告に入っていた無料回収に頼んだところ、引取りが無料で、運搬費・作業代・出張料・処分料が有料と凄まれ、結局数十万払うことになった」「回収を頼んだもの以外のものまで勝手に物色し、トラックに積み込まれ、支払うことになった」「家の近所に廃品を不法投棄された」などの事例もあるほどです。

安心できる無料回収業者を選ぶには、許認可や必要な資格を取得しているかは、まず確認することです。たとえ無料だとしても、事前に見積りを出してもらうことは大切ですが、悪質な業者は、見積りの段階で無料となっていても、作業終了後に代金を請求してくる場合もあるので注意が必要です。一番よい方法は、「無料回収所」や「店舗型の回収所」に持って行って、無料と言われた商品だけを置いてくることのようです。