請求金額のトラブルを避けるために

不用品回収の料金に関するトラブルは続発しています。その多くはもので、「当初無料をうたっていたにもかかわらず、作業後に料金を請求された」「見積りよりも高額な料金を作業後に請求された」というようなことです。

一般家庭から不用品を回収するためには、「一般廃棄物収集運搬許可」が必要となりますが、なかには許可を得ずに業務として行っている業者もいるようです。運悪くこのような業者に連絡をしてしまうと、後でトラブルに巻き込まれる可能性が大きくなります。

トラブルに巻き込まれないためには、悪質な業者かどうかを見極めることが大切です。依頼時には、まず、業者が許可を得ているかどうかを、住居のある市町村に問い合わせて確認してみることです。市町村によっては、一覧表で提示されているところもあり、簡単に確認できるようになっています。

許可を得ている業者であることが確認できれば、見積りと取ってみます。その際には、複数の業者に相見積もりをとって比較してみることが大切です。最初はインターネットで見積りをとれば、相場を把握しやすくなります。業者がある程度絞れてきたら、電話をしてみることも業者を判断するうえで、参考になります。提示された料金体系が明確でわかりやすいか、業者の対応が親切で言葉遣いがしっかりしているかなど、さまざまな面から判断して最終的に信頼できそうな業者に決めるようにすることです。

料金を支払うときは、先に領収証の発行が可能であることを確認しておき、実際に受け取ったときには、業者の住所やホームページアドレスなどの情報が正確で実際に存在しているかを確認しておくと安心です。

十分注意を払っているつもりでも、悪質な業者はいろいろな手で騙して、高額な料金を請求してくる場合があります。もし高圧的な態度で支払いを請求されたら、毅然とした態度できっぱりと断ることが重要なことになります。また最寄りの消費者センターに相談するのもよいかもしれません。