見積もりで注意すべきこと

まず複数の業者に相見積もりをとることが大事です。そうすることで、料金が妥当かどうかも確認することができ、担当者との相性も大切な要素となってきます。

インターネットを利用して見積りを取ることもできますが、ます電話で見積りをしてもらうことです。仮に電話では概算でも見積もれないと言われた場合は、その業者は避けたほうがよいかもしれません。確かに実際に見なければ見積もれないというのは事実ですが、回収してほしい物と見積りに必要な情報を伝えれば、概算で出せるはずです。実際に訪問されて見積りされた場合、断れなくなるケースが多いため、一度電話をしてみることです。その後、下見で正確に見積りを出してもらうことになりますが、この段階で、見積りに示されている料金の算出方法が、誰が見てもわかるような明確なものかを確認します。もし不明な点があれば必ず確認し、ごまかされるようならば、その業者に依頼しないことです。

依頼側も何を処分してほしいかを明確にしておき、あいまいにしないことが大切です。処分してもらう不用品やゴミの量がはっきりしていない場合は、正確な見積り金額が出せないことになり、依頼者側からトラブルを引き起こすことになってしまいます。

業者側に責任のあることならば、消費生活センターに相談すれば解決するかもしれませんが、頼んだ側に責任があることは、せっかく不用品を処分してスッキリしたい気分も嫌な思いが残るだけになりますので注意が必要です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です