廃品回収業と資格

人によっては廃品回収業を営みたいと考えているかもしれません。確かに最近は日本でもリサイクルやエコの意識が高まり、それなりの需要も期待できます。しかし意外に思われるかもしれませんが、廃品回収業を始めるにあたって、かなりの壁が存在します。トラックさえあれば自由に回収できると考えているのであれば、あまりにも見通しが甘いと言わざるを得ません。少なくとも幾つかの許可を取り付けなければならないのです。

業態によって必要な許可は異なりますが、代表的な許可は「一般廃棄物収集運搬業」「産業廃棄物収集運搬業」「古物商」の3つでしょう。「一般廃棄物収集運搬業」は、普通の家庭から家具や家電を回収するために必要な許可です。「産業廃棄物収集運搬業」は、法人から各種ゴミを回収するために必要な許可です。「古物商」は、回収した廃棄物を売却したり、リサイクル品を買い取ったりするために必要な許可です。中でも取得の難しい許可が、「一般廃棄物収集運搬業」です。この許可は市町村から取り付ける必要があるのですが、新参者にすぐ許可が下りることは稀です。公共事業の利権や役所の管理の限界が壁となって立ちはだかるためだと言われています。

それに比べて「産業廃棄物収集運搬業」は取得しやすいと言えます。都道府県に申し込み、講習を受けた上で10万弱の手数料・登録料を支払えば、許可が下りることも期待できます。ただ必要書類が多いため、実際の申し込みは行政書士等に依頼することになりますから、トータルで20万弱は見積もる必要があります。

「古物商」は県警が管轄しており、書類を揃えれば数万円で免許が取得できます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です